Skip to content

トゥポちゃん、カミナリさまに叱られる!の巻

Posted in にゃんこ, and エッセイ

今日の夕方、ものずごいカミナリとともにゲリラ豪雨。これで梅雨明けだろうか。カミナリは怖いけど、こういう時はうちのネコの面白エピソードを思い出す。

我が家には3匹のネコがいる。ママネコのトゥポルと2匹の娘、ピンクとキャップ。みんなそれぞれに面白いんだけど、唯一トゥポルは人間と会話ができる。と私は思っている。

ネコたちには1日1回、夕方にカンヅメをあげる。それ以外はカリカリ(乾燥フード)である。このカンヅメの時間がみんな待ち遠しくて仕方ないらしく、時折フライングしておねだりしてくることがある。

ある日の午後、私がキッチンで用事をしていたら、トゥポルがやってきた。

トゥポル 「ねー カンヅメちょうだいニャー」

わたし  「えー まだ早いよ」

トゥポル 「もう暗くなってきたニャー」

わたし  「それは曇ってるからよ、トゥポちゃん」

トゥポル 「カンヅメ欲しいニャー」

わたし  「まだダメ。お腹空いたんならカリカリ食べとき」

トゥポル 「カンヅメがいいニャー」

わたし  「ダメ」

トゥポル 「カンヅメ欲しいニャーーー!」(声が大きくなる)

わたし  「ダーメ」

トゥポル 「いやニャーー!欲しいニャーーーーーー!!!」

と、その時

ゴロゴロゴロゴロゴロオォォォォォォーーーーーーー

絶妙なタイミングで響き渡る大きなカミナリ。

叱られたと思ったのか、慌ててカリカリに頭突っ込んで食べ始めた!しかも、時折そーっと首を伸ばして窓の方を気にしている。

よっぽど怖かったんだろう。けど、ネコにもワガママ言ってる意識があるんだという驚きと、とんでもない可愛さと、込み上げてくる笑いに、なんか幸せな気持ちになった。

そして、思い出すたびにホッコリしている。