Skip to content

Style

人はそれぞれの考え方や価値観を軸に人生を生きている。
毎日毎日、数多くの選択肢の中から、自分に合ったモノをチョイスし続けている。(普段は意識していないかもしれないが・・・)
何を食べるか、何を着るか、何を話すか、何を買うか・・・
どんな仕事に就くか、どこに暮らすか、誰をパートナーにするか・・・
行動の一つ一つが選択することなのだ。
そうしてチョイスしているものが、だんだんと自分のスタイルになっていく。

みんながみんな、同様の生活を目指していた頃とは違い、いろいろな面でますます多様化している現代。「みんなと同じならとりあえず安心」ではなく、もっと積極的に自分にしか出来ないスタイルというものを作り上げていけば、世の中もっと楽しくなるのではないだろうか。

他人の目を気にし過ぎて疲れている人。
意味のない争いをしている人。
一度、強迫観念を捨てて、自分にとって本当に必要なものを選び直してみるといい。きっと今よりずっと楽に生きられるようになるはずだ。

もちろん、自分のスタイルを築くということは、他人のスタイル(考え、価値観)を尊重することでもある。でなければ、単なる「自分勝手」というもの。他人を認めなければ、自分が認められることもない。
たとえお互いに理解し合えなくても、認め合うことは可能なはずだ。
それを頭に置いていれば、意味のない争いなど無くなるのではないだろうか。

何を感じ、何を考え、何を選び、そしてどう楽しむか。
自分流のスタイルはそこから始まる。