Skip to content

今日のやっちまった

Posted in アリュートーン

お隣の楓が一枚だけ色づいているのを発見。
やっと秋か〜 と、ちょっとホッとしていたら・・・やっちまった。

 

朝晩涼しくなってきて、タオルケットから羽毛の肌掛けに替え、ホコっと暖かさを感じる時の小さなシアワセ。
秋ってそういう小さなシアワセがいっぱい。

そして私は今日、どうしてもお風呂に入りたい!!

骨折してから3ヶ月、ずっとシャワーで過ごしてきた。
我が家の浴室の構造上の問題で、入れなかったのだ。
ようやく怪我も完治したし、少し踏ん張れるようにもなってきたんで、もうお風呂も大丈夫だろう。
まずは、バスタブの掃除からだ。だって3ヶ月間放置だったもん。(^_^;)

とりあえず、浴室全体を洗剤でアワアワにし、数分後、水で洗い流した。
バスタブは念入りに「おそうじシモン」でゴシゴシ洗い。
お湯を張って、エネルギー水も入れて、準備完了。

さぁ入るぞーーー

と、足首のあたりが何かヒリヒリする。
洗剤流す時に飛び散ったのがかかったんかな?
念のため、足首から先を「スキンソープ・シモン」で洗い、お湯に浸かった。

ん?やっぱり痛い。ヒリヒリする。3ヶ所。
そしてひどくなってくる。

これって・・・化学熱傷か。
どうしよう、やばいぞ。

ふと思いついた。エネルギー水をかけてみよう。
ちょっと勿体ないけど、まぁかけて悪くなることはないし、3ヶ所に流しかけてみた。

・・・ん?いいんちゃう。
なんか薄い膜ができたみたいな感覚。
スッとして、痛みがなくなった。

えー マジかー

お湯に浸かってみても、もう全然平気。

マジかーーー(@_@;)

入浴後、しばらく時間をおいてから、じっくり観察。
赤みも無くなってるし、痛くも痒くもない。

よかったー と安心すると同時に、うっかりしてた自分に反省。
薬品なめてたらアカン。

 

追記
後でちゃんと調べました。
化学熱傷のときの正しい処置は、通常の火傷と同様、流水をかけ続けることだそうです。
お風呂に入ってちゃいけません。(^_^;)