Skip to content

枠は自分で決めている・・・かも

Posted in アリュートーン

ある時ふとわかることがある。
自分では一生懸命やってたつもりだったのに、そうじゃなかったんだと。

若い頃、建築設計事務所で働いてたことがある。
今では図面はみんなCADなんだろうけど、当時はドラフターを使って手描きしていた。
仕事は一生懸命やっていた。・・・つもりだった。

3年程勤めて退社した直後、知り合いの事務所から図面の仕事をもらった。
自宅で一人、図面を引き、少し緊張しながら持っていった。
自分個人が直接報酬をもらう初めての仕事だ。

所長さんが図面を見て一言。
「ここまで出来るとは思ってなかったわ」

良い図面だと褒められたんだけど、内心すごくショック。

私、甘えてたんだ。

その時に初めてわかった。

確かに改めて自分が見ても、しっかり描けていたと思う。
ここまで出来るくせに、やってなかったんだ。
自分で勝手に枠を作っていたんだ。

生まれて初めて、どこにも属さない自分が仕事を請け負い、自分一人が全ての責任を負う怖さと緊張。
それを乗り越えた時に、自分の枠を外すことができたようだ。

誰でも一生懸命やっているんだと思う。
これ以上どうせいっちゅうねん!と思うこともあると思う。
でも、何かのキッカケでそれまでの枠を突破できたら、一気に成長できるはず。

一度、そういう体験をしたら、今度は枠を拡げていくことが楽しくなる。
もちろん、しんどさはあるけど、見えないままにただしんどいだけじゃなく、その先があることを知っているから強い。
そうやって、少しずつ少しずつ枠を拡げていけたら、余裕もできてくるし、いろんなことを楽しめるようになるんだと思う。

もっともっと自分の枠を拡げていきたい!
死ぬまでそれを続けていきたーい。